FrontPage

超久しぶりの都市企画! 皆さんふるってご参加下さい。

ルール

  • お題提供者は,貴方の知ってる物語を起承転結に要約し,その内1つを空欄にして下さい。
  • 回答者は,空欄部分のあらすじを自由気ままに埋めて下さい。
  • 投票とかは得にありません。「おー,こんな展開もあるのね!」って感心するのが目的です!

展示場

お題提供者:五月八日さん

#BR元ネタ

  • 起 飛行機レースのチャンプであるダスティ。ある日訓練中にギアボックスが破損し、レースの休業を余儀なくされる。そんな時、彼のミスからホームの空港で火事が起きてしまい、その上消防士を一人増やすまで空港を閉鎖されてしまう。
  • 承 責任を感じたダスティは消防士の資格を取るべく山岳レスキュー隊へ訓練へ行く。
  • 転 ?
  • 結 ギアボックスのトラブルも解決し、消防士の資格を得たダスティは、レーサー兼消防士として新たな一歩を踏み出す。

回答

  • 開影さん

山岳レスキュー隊で出会ったのは、闇の消防組織に追われる老消防士マスターレスキューだった。死に際の彼から消防の極意を授かったダスティは、彼の墓の前で立派な消防士になることを決意し、山を後にする。

  • 木倉さん

訓練先のレスキュー隊の中に,老いた飛行機設計者が居た。レースの決勝戦で無理なチューニングをした結果同僚を事故死させた後悔からダスティに心を閉ざす設計者だが,彼の真摯な心に触れて往年の情熱を取り戻す。一方ダスティは,飛行機レースが消防活動同様のチームプレイであると教えられ,かつての自己中心ぶりを反省する。ダスティは老設計者を街に呼び戻し,二人はレーサー兼消防士として共にチームを結成することを決意する。

  • SHI-Fさん

訓練の途中、ダスティは仲間とともに訓練で山には入る。そこで山火事に襲われる。炎への恐怖を仲間たちとともに乗り越え、故障した機械を仲間たちと機転を利かせて修理をして森から脱出を試みる。その時、自分たちと同じように火事に巻き込まれた人たちを発見する。このままでは自分たちも焼け死んでしまう。しかし、いつしか産まれていた消防士としての矜持を支えにして炎の中に飛び込み、遭難者を救助。しかし、火の勢いは強く仲間もろとも周囲は炎の壁で包まれる。脱出しようにもギアボックスが再び不調となる。そこに古参の消防士たちが駆け付ける。ボロボロになったダスティたちを先輩たちは労う。この感動はレースで獲るものと変わらないとダスティは実感した。

  • 橘太郎ATさん

 訓練を受けるダスティを待っていたのは、膨大な数のテレビカメラだった。  自分の過失から起こした事態であったが、世間の目はダスティを「社会貢献に目覚めた飛行機レースの国民的英雄」としてしか見なかったのだ。無邪気に詰め寄るリポーターの前で硬い笑顔を浮かべるダスティ。カメラとマイクの前で彼は正義と理想を語るチャンプとして振る舞うしかなかった。  訓練には参加するが、徐々に心を病んでいくダスティ。誰にも内心を吐露できないまま訓練期間を終えようとする彼に、教官は言う。  「君には資格を与えるが、自ら行使する事は認めない」。要請によってのみ消防士としての活動を認めると言い渡されたダスティは、愕然とする。  つまらない火事などで彼の命が失われてはならないとする、飛行機レース協会の圧力によるものだった。自ら火災の責任を取る事さえ出来ず、酒を呷るダスティ。自らのマシンが恋しくなりガレージを顔を出すと、スタッフはギアの復調も目前であるから心配せずに訓練に励んでくれと言う。暗い顔で礼を言うダスティ。  償う事さえ許されず、己がいなくともマシンは出来上がる。明かりの消えた部屋で、レースに勝つ意外の能がない己を罵倒する。

  • 猪月

 だが、そこはレスキューとは名ばかりの、閑職窓際はぐれ者の集団だった。 そんなある日に突然起こる大山火事。 ダスティの発破と行動に奮起したレスキュー隊は、皆、昔のそれぞれの技を生かし、見事災害を治める。

展示場2

お題提供者:木倉さん

  • 起 拾われ子として寺で育てられた主人公は,見合い結婚の後青森の林檎農家に婿入りする。捨て子という境遇から遠慮がちで常に他人と一線を引いていた主人公だが,農家の田舎くさい無遠慮な親戚付き合いの中,徐々に心を開き,妻を深く愛していく。
  • 承 ある日,熱を出した妻の為に街に買い出しに出た主人公は,吹雪の中で大きな林檎の古木を見つける。それが村の禁忌であると知らず,主人公は林檎の実を一つもぎ取り,病身の妻に食べさせてしまう。伝承によると,妻はこのまま神様の元へ嫁入りする運命であり,それを妨げると村に災いが降りかかるという。村人と親族,何より妻の強い要望で,主人公は妻が神に召される様をただ静観するよう説得される。
  • 転 静観するふりをしながら,主人公は妻を救うべく村の古文書を探す。古文書の中に,かつて神に召された女性の日記があった。彼女の精神は現世と林檎の木の中にある神の家とを行き来していたという。主人公は妻を取り戻すために林檎の古木もろとも焼身し,魂となって神の家に住まう妻を現世へ連れ帰そうと画策する。とある夜,ガソリンを手にした主人公はその計画を実行した。
  • 結 ?

元ネタ

回答

  • 五月八日さん

 激しく燃え上がる主人公の体と林檎の古木。魂となった主人公は神の家へ赴き、妻の魂を現世へ連れ戻す。妻の体へ戻る妻の魂。そして主人公の魂は――。 古の言い伝えに従い、土石流に飲み込まれる村。時は流れ、難を逃れた妻は一人の男児をひっそりと出産する。その笑顔はあの日林檎の古木と共に身を焼き尽くした主人公によく似ていたという。

  • 真夜中さん

 自らの身体を捨て、燃え尽きゆく古木の中を覗きこむ主人公。そして火に包まれた古木の世界から、妻を連れた神様が飛び出していくのを見る。妻が主人公に気が付き、お互い手を伸ばしたが届くことはなかった。災いは起きなかった。神とともに自らの身体に戻ったことで不死となった妻は、村を離れ、古木の焼け跡でただただ主人公を想い続ける。

  • 猪月

 火は大木を瞬く間に燃やし、炎が起こした激しい風は火の粉を散らし、盛る火種は赤い波となって、全てを覆い尽くしていった。 ――幾日が経ち、雨が通った煤けた大地に、点々と芽吹く緑の葉。 それは将来の、命の約束。 実るは林檎か、或いは――。

  • SHI−Fさん

 しかし、企ては寸でのところで村の衆に止められてしまう。 村の衆からは深く同情されるが古木を焼こうとしたことには変わらない。主人公は婚家の一室にて妻と古木の婚儀が終わるまで軟禁されてしまう。 最後の挨拶に訪れた妻に一緒に逃げようと必死に伝えるが、彼女は首を縦に振ってはくれなかった。ただ一筋、涙が流れたことだけが本心なのかもしれない。この地に根ざしてきたが故に逆らえないものがある。 そうか、と一言だけをもって彼は腹に収めた。主人公は義理の両親を呼び、妻と離縁すると伝えた。すでに夫がいる女を神様に嫁がせる訳にはいかないでしょう、と。 そして、主人公は諸々の手続きを済ませると、誰にも見送られることもなく列車に乗って村を去った。 ……数年後、テレビ番組で昔いた村が紹介される。当地の美味しいリンゴを栽培する農家として取り上げられたのが元婚家であった。 そこには義理の両親であった老夫婦と仲睦まじい夫婦と子どもたちが映し出された。 元婚家が作るリンゴは大きく、非常に瑞々しい。自分がいたころに栽培していたものと較べるべくもない。 確かにあの男はリンゴの神様だな。そう、一人呟いたのであった。

コメント

  • とりあえず「マスターレスキュー」の響きにやられましたw 筋はすごくオーソドックスなだけになおさら……! -- 木倉? 2014-09-16 (火) 01:37:12
  • 回答を見ずにやったらSHI-Fさんと微カブりした感w; 後、2のお題はお話に突っ込み所満載過ぎる。;; 自分の名前に「さん」をつけるのは、抵抗があるんですが、投稿形式がページ編集なのはどうなんですかね……。; -- 猪月? 2014-09-17 (水) 10:58:45
  • 2のお題は起承転結シンプルにするため一部改変しとりますが,その辺はご容赦を……。投稿に関しては,投稿フォームを作れる有志の方にお任せしまっす! -- 木倉? 2014-09-18 (木) 04:41:01


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-09-18 (木) 04:41:01 (1065d)